よくわかる!初めての印刷の通販サイト6

HOME > 印刷の通販について > 印刷通販の特徴とメリット・デメリット

印刷通販の特徴とメリット・デメリット

印刷を依頼する場合、普通は近隣にある印刷会社を利用することが多いと言えますが、最近では印刷のネット通販も盛んに行われています。
インターネットの普及により何でもネット通販で買える時代になりましたが、印刷もその例外ではないということです。
しかし印刷の注文は、通常の商品購入とは違うため、通販といってもどのようなものなのかイメージしづらいという人も多いでしょう。
仕組みとしては、印刷通販のサイトで入稿データを送るなどすることで簡単に注文することが可能となっています。
それに、以前の印刷通販では部数や紙のサイズが限られている場合が多くありましたが、最近では大口のロットや、多様な紙のサイズや種類にも対応している場合も多いため、より利用しやすくなっていると言えるでしょう。
しかし、実際に利用する際は事前にメリットとデメリットを知っておく必要があります。


印刷通販のメリットとしては、安いということがまず挙げられます。
ネットの通販では、通常行われる営業を行う必要がなかったり、発注者に対するアドバイスや対応を行う必要が基本的にないためその分のコストが減らせるということが理由の一つとしてあります。
そして印刷通販の会社は、自前の印刷機を持たず印刷会社と提携することで注文に応じているため、印刷機に対する投資コストがかからないという理由もあると言えるでしょう。
その他のメリットとしては、納期が短いというとこが挙げられます。
印刷通販では、あらかじめ納期までの期間と価格が決められているため、早い場合だと1日で納品することも可能です。
またインターネットの特性上、24時間いつでも注文が行えるということも、通常の印刷会社にはないメリットだと言えるでしょう。


一方で印刷通販のデメリットに関しては、安さを売りにする言葉に惑わされないように注意する必要があるということが挙げられます。
印刷通販のサイトでは「業界最安値」などの謳い文句が書かれていることがありますが、実際にどのような条件なら安くなるのかということを確認する必要があります。
「最安値」というのは、あるサイズの印刷が一番安いという場合や、納期が1週間後であれば安いといった条件がある場合が多く、必ずしも全てのサービスが安いということではないということを知っておきましょう。
その他のデメリットとしては、印刷通販の場合だと印刷物の種類が限られてしまう場合があることや、通販会社が提携している印刷会社によって仕上がりが違う場合があることなどが挙げられるため、あらかじめ注意しておきましょう。

次の記事へ