よくわかる!初めての印刷の通販サイト6

HOME > 印刷の通販について > 今や印刷は通販に頼むのが基本中の基本

今や印刷は通販に頼むのが基本中の基本

印刷と言えば通販に依頼するというのが、すでに定着スタイルになりつつあります。
ダイレクト入稿することで格安に印刷出来るようになったことが大きいですが、やはりスピードとクオリティーが格段に飛躍したこともあるでしょう。
インターネット発注のメリットは、価格が安いことと、注文が24時間いつでも行えることです。
印刷所が閉まってしまうと、仕上がっても持ち込むことすら出来なかった時代は、かなり辛かったデザイナーも多いでしょう。
今や決済すらインターネット上で出来てしまいますから、本当に手間いらず。
指定すれば、その日に指定場所まで仕上がったものを届けてくれる、そんなオートマティックなシステムが人気を席巻するのは当然でしょう。
安さの理由は、営業担当などの人件費を削減しているからというのは誰もが想像できる点。
でも実はそれ以上にすごいのが、運営会社が印刷機を持たず、全国数十個所の印刷所と提携することで設備投資費用を大幅に抑えている点です。
印刷は機器を持っているところが代行して行い、そこから発送まで受け持つことで無駄を省略。
機器を遊ばせることなく、紙のロスも無く仕上げるのが、昨今の激安の理由なのですね。


では、インターネット印刷にはなんのデメリットもないのかと言うと、そういうわけではありません。
ただ、デメリットはかなり少なく、カバーできるのも事実。
一番のネックは対応する印刷物が限定されるために、印刷の種類が少ないことでしょう。
特殊印刷をするには限界がありますし、提携している印刷所とのマッチングがうまく行かないとオリジナルな加工も難しくなります。
例えば、高級な製品カタログを作りたい場合や、企業イメージを担うような特殊な印刷物の製作には向いていないでしょう。
仕上りにバラつきが生じる場合もあるため、精密さを求められる時にも避けたほうが無難でしょう。
そんな時には、個別に印刷会社に依頼して、じっくり相談しながら製作するのがお勧め。
特に紙にこだわりがあり、特殊なものを使いたい場合や、特色を使いたい場合は避けましょう。
仕上がりの梱包方法に特別な指定がある場合も向きません。


特にこだわった印刷物ではなく、安くて直ぐ欲しい場合は、やはりインターネット利用が一番。
品質をチェックするなら、線数の高い印刷を選ぶと仕上りのクオリティーが高くなります。
中にはDTPから対応している業者もいますので、広告媒体をまとめて丸々発注することも可能。
カタログやパンフレットなどを大量に作りたい場合や、Web制作も同時に行いたい場合も請け負ってくれるところもあります。
昔は、仕上がりに不安があったり、サービスに疑問や不安を抱いていた人も少なくなかったようですが、今はほとんどトラブルもありません。
ただ、数多ある印刷会社から信頼出来る満足の業者を見つけるのは至難の業。
価格が安いだけで品質が良くないと頼んだほうが大損ですし、二度と頼みたくはないですよね。
ただ、満足の行くところを見つけるためには、まずその会社の得意分野を見極めて、最適な依頼をするのも大切なことです。

次の記事へ